ブータンの伝統的なお祭り

ブータンには、古代の仏教文化を表現した豊かで幸福なお祭りが毎年各地で開催されます。これらのお祭りは、8世紀にブータンに仏教を伝来したグル・リンポチェを讃えるお祭りです。チェチュ(お祭り)は、3~5日間開催されブータン暦の中で吉兆の日や月に行われ最終日には様式化された仮面をつけて踊ります。

ブータンのお祭りは、ブータン人にとって大きなイベントでもあります。ブータンの人々は、晴れやかな民族衣装に、サンゴやターコイズの最もきらびやかな宝石を身にまとい祭りを見学に行きます。家族がお弁当を持って一日中お祭りを楽しみます。

ブータンで最も観光客に人気のあるお祭りは、ティンプー、パロとブムタンで開催されるチェチュです。
パロ・チェチュは、毎年春に開催される有名なお祭りです。ブータンで最も大きなお祭りは首都ティンプーで開催されるティンプーチェチュで何千もの人々が4日間の踊りや祈りを見学します。

もっとチェチュの本質を体験したい方は、小さい県で行われるチェチュがお勧めです。それほど混雑することもなくリラックスした雰囲気のなかでお祭りを楽しむことができます。

お祭りの期間中は、一年で最も忙しい時期で、飛行機やホテルの予約が大変難しいので早めの予約が必要となります。

2019年ブータン各地のお祭りリストはこちらから御覧ください。