おすすめbhutan旅行|東部ブータンの旅(日本からバンコク経由インドのグワハティ空港へ)

日本を出発してタイのバンコクへ

ホテルの送迎バスを利用して空港近くのホテルへ。バンコクスワナプーム空港からホテルの無料送迎バスで20分程。ロビーも広々として快適です。夕食はタイ料理を堪能しました。

バンコクで1泊

空港近くのホテルで1泊
ホテルのロビー

バンコクからインドのグワハティへ

翌日ブータンの国営航空Drukairにてバンコクからインドのグワハティ空港へ
グワハティ空港に到着後ブータンの旅行会社が手配した車でブータンの国境の町サンドゥップジョンカルへ向かいます。

東ブータンは、まだ観光化されていない魅力的な場所です。
東ブータンには、陸路インドとブータンの国境の町サンドップジョンカルを経由してタシガンに入るルートとパロ国際空港に到着してから陸路中央ブータン経由でモンガルに入るルートがあります。
午前9時20分バンコク・スワナプーム空港を出発しインドのアッサム州グワハティ空港に10時50分到着。
グワハティ空港で降りるお客様の確認をタラップの下で確認していました。
バンコクで受け取った搭乗券の半券を見せてターミナルへ徒歩で移動。
インドの空港では、写真撮影は禁止されていますので注意が必要です。

グワハティ空港到着後陸路でブータンのサンドゥプジョンカルに入国

タグワハティ空港のターミナルに到着後入国検査官に入国カードとパスポート、ビザを提示し無事入国手続終了。
税関では、簡単な検査を済ませ荷物を持って到着ロビーへ向かいました。
到着ロビーの外でブータンから迎えにガイドとドライバーが出迎えてくれました。
ブータン旅行を手配してくれた会社によってインドの送迎会社が迎えに来る場合があるそうです。

ブータンの車で高速道路を一路ブータンの国境の町サンドゥプジョンカルへ向かいます。ブータンの車は殆ど冷房がついていないのでホコリと騒音に悩まされて6時間ひたしら走りました。

インドの出国管理事務所

国境近くの入出国管理事務所で出国手続をします。
インドの管理事務所では手書きでパスポートの内容を台帳に記入。
日本からパスポートのコピーを持っていくと手続がスムーズに終了します。

いよいよブータンに入国
インドからブータンに入国すると緑が多く騒音が少ないのに驚かされます。
ブータンの入出国管理事務所。パロ国際空港と同じコンピューターを使って管理しています。
ブータン入出国カード