ブータンのことわざ|ゆっくり歩けば、ロバでも、ラサまで行ける

ゆっくり歩けば、ロバでも、ラサまで行ける

ブータンの古いことわざです。ラサとは現在の中華人民共和国チベット自治区の都市、ラサ市のことです。
昔はそこに行くには丘陵な峠をいくつも越えねばならず、馬で行くのも大変な場所でした。
それゆえロバはもっと厳しい行程となるのですが、たとえゆっくりであっても歩き続けていれば、いつかは必ず目的地に到達することができます。
ブータンでは、物事がうまくいかない人を見ると、このことわざを出してなぐさめるのだそうです。

物事をコツコツやっていくと自分の目的に必ず到達できるので諦めずに頑張りましょう。


写真は、パロとハ県の間を隔てるチェレラ・峠。この峠はブータンの自動車道路最高地点で標高約3,800メートルあります。
チェレラ峠はブータンの国花青いケシの花が咲く場所として知られていたが最近では見つけることが難しいです。
チェレラ峠では、晴れた日にジョモラリが遠望できます。

LINEで送る